ご予約・お問い合わせ 0944-22-3970

平日 9:00~20:00 土曜 9:00~13:00(日曜・祝日 休診)

平日20:00まで営業 お子さま連れOK 完全予約制

不妊

10年以上前の足首捻挫で妊娠力が低下-原因不明の不妊症case2

原因不明の不妊症足首捻挫が原因のケース

10年以上前の足首の捻挫が原因 ー傾いた骨盤

忘れていた10年以上前の足首の捻挫(Bさん 40代前半)

40代前半のBさんが当院に来院されたときは、すでにクリニックで体外受精を数回行った後のことでした。クリニックの検査では夫婦ともに不妊の原因となる症状は見つからなかったものの、年齢のこともあり体外受精にステップアップ。それでもなかなか結果に繋がらないことに不安に覚え、着床の確率を上げることはできないかと当院にいらっしゃいました。

当院にてBさんの全身を検査をしてみると、右足首の関節がずれていることが分かりました。
Bさんに過去に右足をケガしたことがないかお聞きしてみると、10年以上前に右足首を捻挫したことがあるそうです。本人も言われて初めて思い出したということでした。

過去の捻挫
骨折やアキレス腱断裂の場合、治療期間が長いせいもありなかなか忘れることはありませんが、捻挫のように軽度のものは1週間~2週間程で治るため、忘れていても不思議じゃありません。
ただ本人の記憶には残っていないとしても、身体にはその影響が残っています。

多くの場合、足首の捻挫は、足首を内側に捻ることで前距腓靭帯(ぜんきょひじんたい)という靭帯が過度に伸ばされ傷が入ることで起こります。

内反捻挫・足関節の靭帯と骨

切れている靭帯がくっつけば、痛みはなくなるし歩くことも出来ます。通常この状態になったとき「治った」と認識されます。

しかし、捻挫というのは靭帯が切れるほどの大きな力がかかっています。
実は、足首の捻挫は前距腓靭帯を損傷するだけでなく、この靭帯がつながる腓骨(ひこつ)という骨の位置も変えてしまいます。 膝から足首につながるこの腓骨の位置が本来あるべき場所より下がってしまうのです。
靭帯の損傷は時間がたてば治りますが、きちんと治療をしていないと下がった腓骨はずれたまま…。

ずれたままの骨の影響はどんなところに出てくるのでしょうか?
それは私たちの体の中心にある最も大切な・・・「骨盤(こつばん)」です。

腓骨と骨盤

このずれたままの腓骨は、腓骨に繋がる大腿骨をずらし、その上の股関節、そして身体の中心である骨盤までをも傾かせているのです。
骨盤の歪みはダメというのは聞かれたことがあるのではないでしょうか?
妊娠するためだけではなく、誰にとっても骨盤のズレは多くの悪影響を与えます。

「では足首以外の捻挫はどうなの?」と思われますよね?
足首の捻挫に限らず、膝や股関節はもちろん、手首の捻挫も、体のほとんどの部位の捻挫が骨盤の傾きに繋がっています。
体はすべて繋がっています。骨盤から遠い場所にあって関係なさそうな骨でも、一つの身体の中にある以上、影響は避けられないのです。

 

なぜ骨盤の傾きが妊娠力に影響を及ぼすのか

子宮は骨盤のなかにぶら下がるように繋がっています。

仙骨子宮靭帯と基靭帯

子宮は靭帯で骨盤に繋がりぶらさがっている

妊娠力をあげるためには、子宮が正しく力を発揮することがとても大切です。
しかし、骨盤が傾いたままでいると、骨盤にくっついている子宮も同じように傾いたままになってしまっているのです。

子宮が傾くということは、子宮の形が変わってしまうということ。
つまり、子宮・卵巣・卵管の位置関係も変わってきてしまいます。
卵巣と卵管は正しい位置にないと、受精や着床につながりにくくなります。
また、外圧を受け形が変わってしまった子宮も100%の力で働くことができず、本来持っているはずの妊娠力も低下してしまいます。

子宮 卵巣 卵管

体に必要な栄養は血管を通して運ばれますが、骨盤の傾きによってお腹への血行が悪くなり、子宮への栄養も運ばれにくくなります。
子宮の栄養不足は、子宮や卵巣の機能低下の原因になり、受精しやすい卵子が育ちにくくなったり、着床に十分な子宮内膜が育ちにくくなってしまうのです。

 

オステオパシーでの治療方法

傾いてしまった骨盤をオステオパシーではどう施術していくのでしょうか?

普通はもちろん「骨盤」から!と多くの方が思われるでしょう。
でも実は違うんです。

なぜなら骨盤だけ元に戻しても、本当の原因(Bさんの場合は足)を解消しない限り、またすぐ骨盤は傾いてしまいます。
Bさんの場合、根本的原因である腓骨(ひこつ)のズレを正常な位置に戻して、大腿骨や股関節のズレ、最後に骨盤の傾きを戻していきます。

こういった過去の捻挫のように、例え小さなケガでも私たちの今の体に大きく影響を及ぼしています。
もちろん捻挫だけではなく、打撲骨折アキレス腱断裂交通事故の後遺症むちうち症など過去のケガが不妊症に結びつくこと症例はたくさんあります。
これらは不妊症専門クリニックでは検査されません。そしてご本人も忘れてしまうような昔の小さな怪我では、原因として思い当たることはまずないでしょう。しかし、体は必ず記憶しています。その体の記憶を正確に読み取り、不調を突き止め、治療を行うのがオステオパシーです。

オステオパシー施術

その後、Bさんは2ヵ月程 当院にて腓骨・骨盤の歪みを正す治療を行った直後の体外受精で無事妊娠されました。妊娠中も安産に向け定期的にオステオパシー施術を受けていらっしゃいます。

次のページは「原因不明の不妊症」について最後のブログ。
偏った食生活が原因で不妊症となってしまった患者さまの症例(case3)をご紹介します。

原因不明の不妊症
思い悩みすぎて不妊に?脾臓の弱化と不妊-原因不明の不妊症case1

こんにちは。なお整骨院院長、小野です。 本日は不妊治療のお話を。 最近は不妊症専門のクリニックも全国的に増え、以前に比べると受診される患者さんも増えたようです。「不妊治療をしている」と言ってもそんなに ...

傾聴
オステオパシーご相談&お試し2,000円(初診の方限定・約30分)

「オステオパシーに興味はあるけどまだ少し不安…」「自分の症状にも対応できるか知りたい」 そんな方に『オステオパシーご相談&お試し』メニューをご用意しました。 『オステオパシーご相談&お試し』メニューの ...

---------------------------------------------
痛みや不調の真の原因を探りだし解消します
あたなが本来持つ「治癒力」を引き出す施術方法 オステオパシー

なお整骨院 ご予約は TEL:0944-22-3970
平日9:00~20:00 土曜9:00~13:00 (日曜祝日休診)
福岡県みやま市高田町濃施629-4 〒839-0215


なお整骨院電話番号0944-22-3970


なお整骨院電話番号0944-22-3970

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小野 正博

なお整骨院院長 小野 正博(おの なおひろ)

柔道整復師 大牟田市出身
福岡柔道整復専門学校(現 福岡医療専門学校)卒
2007年福岡県みやま市に「なお整骨院」開業

JOPA(日本オステオパシープロフェッショナル協会)にて約1500時間以上のセミナーを受講し、オステオパシーの技術を習得。
以降もフルクラムオステオパシーにて約500時間以上のセミナー受講、JSC(日本カイロプラクテック師協会)やハーモニーセラピーなど、オステオパスとして日々研鑽を重ね、さらなる技術向上に取り組んでいる。
2011年から7年間、誠修高校女子バレーボール部トレーナーを務める。
趣味は釣りとサーフィン。少林寺拳法(二段)。家族は妻と娘2人。
Twitter・Facebookはこちら↓

-不妊

© 2020 なお整骨院