ご予約・お問い合わせ 0944-22-3970

平日 9:00~20:00 土曜 9:00~13:00(日曜・祝日 休診)

平日20:00まで営業 お子さま連れOK 完全予約制

不妊

ストレスによる肝臓の不調も不妊の原因に。子宮以外も整えよう。

ストレスが不妊症に影響する

当院で行っているオステオパシー治療は、不妊症にも対応しており、多くの方にご来院頂いております。
その中で最近よく見られるのが「ストレスが妊娠を妨げている」という例です。
コロナ渦の中、思うようにいかないことも多く、我慢が強いられている現在。
ストレスが妊娠力にどのような影響を及ぼしているのでしょうか?

 

イライラは肝臓を弱くする

ストレスが溜まりイライラすると、実はある臓器が不調になります。
それはズバリ、「肝臓」

人の感情と臓器に関係があるというと不思議に感じられるかもしれませんが、例えば緊張するとお腹が痛くなったり、怒りで血圧があがったり。
感情(心)と臓器は繋がっていて、相互に影響を受けあっています。
その中で、肝臓に関係するのがストレスなどのイライラの感情です。

肝臓の働き

 

肝臓の不調が妊娠を妨げる?

肝臓の役割は体の中の「ゴミ処理場」
体にとって有害な物質を分解し、体外に排出する仕事をしています。

肝臓はゴミ処理場
しかし、肝臓が不調になると、本来解毒されるはずの老廃物がろ過できなくなるため、そのまま体内に残ります。
つまり、体にとって不要なものがどんどん溜まっていってしまうということです。
すると、卵巣や子宮からの老廃物も排出出来なくなり、子宮・卵巣にも負担がかかってしまいます。そうなると妊娠力も下がってしまうのです。

 

オステオパシーでのアプローチ

オステオパシーでは弱った肝臓を正常に働かせることで、負担がかかっていた子宮・卵巣も本来の力を発揮することが出来るようになります。

オステオパシーで不妊治療

妊娠力を上げるにはもちろん「子宮」「卵巣」が正常に働くことが大切です。
しかしそれだけではありません。
臓器は互いに血管や骨で繋がり、影響しあい、バランスをとっているので、子宮や卵巣の調子を邪魔する臓器があると、そのせいで妊娠力が落ちることもあります。

今のような長期的に生活を影響を及ぼす場合には、精神面の不安が大きくなりストレスが溜まりやすくなります。ぜひ一度当院にご相談ください。

---------------------------------------------
痛みや不調の真の原因を探りだし解消します
あたなが本来持つ「治癒力」を引き出す施術方法 オステオパシー

なお整骨院 ご予約は TEL:0944-22-3970
平日9:00~20:00 土曜9:00~13:00 (日曜祝日休診)
福岡県みやま市高田町濃施629-4 〒839-0215

なお整骨院電話番号0944-22-3970

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小野 正博

なお整骨院院長 小野 正博(おの なおひろ)

柔道整復師 大牟田市出身
福岡柔道整復専門学校(現 福岡医療専門学校)卒
2007年福岡県みやま市に「なお整骨院」開業

JOPA(日本オステオパシープロフェッショナル協会)にて約1500時間以上のセミナーを受講し、オステオパシーの技術を習得。
以降もフルクラムオステオパシーにて約500時間以上のセミナー受講、JSC(日本カイロプラクテック師協会)やハーモニーセラピーなど、オステオパスとして日々研鑽を重ね、さらなる技術向上に取り組んでいる。
2011年から7年間、誠修高校女子バレーボール部トレーナーを務める。
趣味は釣りとサーフィン。少林寺拳法(二段)。家族は妻と娘2人。
Facebook・Instagramはこちら↓

-不妊

© 2021 なお整骨院