ご予約・お問い合わせ 0944-22-3970

平日 9:00~20:00 土曜 9:00~13:00(日曜・祝日 休診)

平日20:00まで営業 お子さま連れOK 完全予約制

赤ちゃん・子ども

赤ちゃんのゼーゼー呼吸を治すには?肋骨の歪みが原因かも?

赤ちゃんの呼吸がゼーゼーしている

当院では産後の体調ケアにも力を入れているということもあり、出産後も赤ちゃんと一緒に通院してくださる患者さまが多くいらっしゃいます。
そのなかで多いのが「赤ちゃんの呼吸」についてのお悩み。
今回はより分かりやすいように、今まで当院にいらっしゃった赤ちゃんの症例と治療法について解説します。

 

症例1:A君 生後8か月

A君は生後8か月。数日前からゼーゼーする呼吸音が気になると、お母さんから相談を受けました。
オステオパシーで検査してみると、A君は肋骨が歪んでいることがわかりました。

肋骨が傾いていたり、右と左で高さが違っていたりすると、胸膜で繋がっている「肺」もまた同じように傾いてしまいます。
肺は気管支と繋がっているので、肺の歪みが気管支まで繋がり、気管支が狭くなることで呼吸がしづらくなり、ゼーゼーと音を出して聞こえるのです。

肋骨と肺は繋がっている

なぜ生まれたばかりの赤ちゃんに肋骨の歪みがあるかというと、胎児期や周産期のトラブルや出産時の状態が関係していると考えます。
出生時に難産であったり、吸引分娩であったり、帝王切開であったりすると、このような傾向がみられることがあります。これを、オステオパシーでは「出生トラウマ」と呼びます。

 

オステオパシーでのアプローチ

A君はこの後オステオパシーの施術で、傾いた肋骨を戻す施術を行いました。
肺が正しい位置で正常に働くことで、気管支も元に戻り、施術3回目には呼吸も安定してきました。
このように赤ちゃんには大人と比べ物にならないくらいの自然治癒力を持っています。原因を取り除いてあげると、薬に頼らずとも体は改善していきます。

ちなみに、骨の歪みを治すと言われると、強い力で骨を押すようなイメージを抱かれる方もいると思いますが、実際は痛みを伴わない優しい施術で、小さなお子様でも安心です。
(オステオパシーは生後1週間の赤ちゃんから受けられます!)

赤ちゃんも安心
赤ちゃんの不調についてお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

---------------------------------------------
痛みや不調の真の原因を探りだし解消します
あたなが本来持つ「治癒力」を引き出す施術方法 オステオパシー

なお整骨院 ご予約は TEL:0944-22-3970
平日9:00~20:00 土曜9:00~13:00 (日曜祝日休診)
福岡県みやま市高田町濃施629-4 〒839-0215

なお整骨院電話番号0944-22-3970

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小野 正博

なお整骨院院長 小野 正博(おの なおひろ)

柔道整復師 大牟田市出身
福岡柔道整復専門学校(現 福岡医療専門学校)卒
2007年福岡県みやま市に「なお整骨院」開業

JOPA(日本オステオパシープロフェッショナル協会)にて約1500時間以上のセミナーを受講し、オステオパシーの技術を習得。
以降もフルクラムオステオパシーにて約500時間以上のセミナー受講、JSC(日本カイロプラクテック師協会)やハーモニーセラピーなど、オステオパスとして日々研鑽を重ね、さらなる技術向上に取り組んでいる。
2011年から7年間、誠修高校女子バレーボール部トレーナーを務める。
趣味は釣りとサーフィン。少林寺拳法(二段)。家族は妻と娘2人。
Facebook・Instagramはこちら↓

-赤ちゃん・子ども

© 2021 なお整骨院