ご予約・お問い合わせ 0944-22-3970

平日 9:00~20:00 土曜 9:00~13:00(日曜・祝日 休診)

平日20:00まで営業 お子さま連れOK 完全予約制

婦人科系

生理前のつらい症状を改善!PMS(月経前症候群)は骨盤の歪みから治そう

生理前症候群PMS

女性特有のお悩みで生理痛と並んで多い、PMS(月経前症候群)

生理予定日の1~2週間前から身体的・精神的症状が起こり、生理の開始に伴ない症状が軽快、もしくは消失するものをPMSと呼びます。
日本では生理がある女性の約7割が何らかの症状を持っていると言われ、生活に支障をきたすこともしばしば。
当院にも、PMSの症状を改善したいけれど、投薬治療には不安があるという方が多く来院されます。
今回は実際来られた患者さまを例に、オステオパシーでのアプローチを解説します。

 

症例1:Aさん(30代後半)のケース

Aさんは30代、数年前から生理前になるとイライラし情緒不安定になる精神症状に加え、頭痛がひどく痛みで動けなくなることも。
婦人科のクリニックにて薬を処方してもらっていましたが、だんだん薬が効きづらくなってきたことに不安を覚え、来院されました。
そして当院で検査してみると、Aさんには骨盤の歪みがあることがわかりました。

投薬治療

 

なぜ骨盤の歪みがPMSに影響を及ぼすのか?

子宮は骨盤の中にぶら下がるように繋がっています。
そして、骨盤が傾いたままでいると、骨盤にくっついている子宮も同じように傾いたままになってしまっています。
子宮が傾くとそれに繋がっている卵巣も傾くことに。
PMSの原因は女性ホルモンのバランスの乱れから起こり、そしてこの女性ホルモンは卵巣から分泌されています。
Aさんは子宮と卵巣が傾いていることで、ホルモンの分泌と伝達がうまくいかず、さまざまな症状を出していました。その1つがPMSとして表れていたのです。

骨盤と子宮

 

オステオパシーのアプローチ

Aさんは骨盤の歪みを正していく施術を行うことで、2回目の生理前からPMSの症状は軽減しました。Aさんのように生理前に症状が出る方は、生理中にも何らかの症状が出られる方が多い傾向にあります。
そしてその多くの方が日々強くなる症状や痛みに、病気や将来の不安を抱えられています。

当院で行っているオステオパシー治療は、一人ひとりの痛みの原因を突き止め施術していきます。痛みの緩和はもちろんですが、婦人病を予防する体を作っていきます。
今回のAさんのように婦人科の症状でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

---------------------------------------------
痛みや不調の真の原因を探りだし解消します
あたなが本来持つ「治癒力」を引き出す施術方法 オステオパシー

なお整骨院 ご予約は TEL:0944-22-3970
平日9:00~20:00 土曜9:00~13:00 (日曜祝日休診)
福岡県みやま市高田町濃施629-4 〒839-0215

なお整骨院電話番号0944-22-3970

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
小野 正博

なお整骨院院長 小野 正博(おの なおひろ)

柔道整復師 大牟田市出身
福岡柔道整復専門学校(現 福岡医療専門学校)卒
2007年福岡県みやま市に「なお整骨院」開業

JOPA(日本オステオパシープロフェッショナル協会)にて約1500時間以上のセミナーを受講し、オステオパシーの技術を習得。
以降もフルクラムオステオパシーにて約500時間以上のセミナー受講、JSC(日本カイロプラクテック師協会)やハーモニーセラピーなど、オステオパスとして日々研鑽を重ね、さらなる技術向上に取り組んでいる。
2011年から7年間、誠修高校女子バレーボール部トレーナーを務める。
趣味は釣りとサーフィン。少林寺拳法(二段)。家族は妻と娘2人。
Facebook・Instagramはこちら↓

-婦人科系

© 2021 なお整骨院